プログラミングと開発方法論と情報セキュリティ(主に初心者向け、言語はC#)、その他、ゲーム、思想等。

開発方法論萌え

プログラミング総論

プログラマに成りたい人がやるべき最初の行動「Twitter を始めよう!」

投稿日:


今回は、これからプログラマに成りたい人がやるべき最初の行動を説明します。

結論としては Twitter のアカウントを取得して Twitter を始めることです。

前提

私は前にこんな記事を書きました。

副業、フリーランス、かつ在宅のプログラマを始めるにはどうすれば良いですか?

タイトルに反して、副業、フリーランス、在宅と言った働き方に否定的な事ばかりを述べています。

  • 副業
    プログラマと副業は非常に相性が悪い。
  • フリーランス
    フリーランスは非常に厳しい。
  • 在宅
    在宅の案件は少ない。

実は、最近、これらについて意見が変わるに至りました。

考えが変わった瞬間

Yahoo! 知恵袋

実は、私は良く Yahoo! 知恵袋を見ています。(書き込みは行っていません。)

そこで、まさにこの質問がよく挙がってくるのです。

「副業、フリーランス、かつ在宅でプログラマを始めたいのですがどうすれば良いですか?」

この質問に対して、Yahoo! 知恵袋にはの私と同じ意見の回答者が多いのです。

即ち、いずれも非常に厳しいか、または無理があるというものです。

「プログラミングスクール」についての質問も多くあります。

特に「年齢は○○ですが、プログラミングスクールを利用して就職できますか?」と言う質問です。

私はプログラミングスクールの有用性についてはかなり懐疑的でした。「これで本当に就職できるのかろうか?」と考えていたのです。

また、年齢についても未経験者の場合は20代が限界であろうと考えていたのです。

これについても Yahoo! 知恵袋にはの私と同じ意見の回答者が多いのです。

お断りしておくと、私は Yahoo! 知恵袋の他の回答者の意見に影響されて、このような意見を持つに至ったわけではありません。

実務経験者の経験則としてこのような意見を持っていました。

Twitter

私は、最近 Twitter を始めました。

最大の目的は自分のブログを宣伝し、多くの方に見て頂くためです。

ブログを書く理由は次の通りです。

  • アフィリエイト収入を得たい。
  • ブログの記事内容を本にして印税収入を得たい。
  • 就職活動を行う際に、ブログを提示することで、採用担当者にスキルを伝えたい。

元々はこういう動機で始めた Twitter ですが、他のユーザのプロフィールや発言を目にして、あることに気付いたのです。

こういう方が実はたくさんいたのです。

  • 30代以上でプログラミングスクールを利用してプログラマに就職した。
  • 学生でIT企業を起業してフリーランスになった。
  • 就職してから1年でフリーランスになった。
  • フルリモートワークをしている。

Yahoo! 知恵袋とは真逆の様相を呈しています。

ここへ来て、自分の考えが偏見を含んでいたことに気付きました。

なぜ Yahoo! 知恵袋と Twitter でこんな差があるのかは分かりませんが、とにかく私の意見と現実が必ずしも合致していないことが分かったのです。

Twitter を始めるべき理由

Yahoo! 知恵袋の環境と Twitter の環境、どちらが現実を強く反映しているのかは分かりません。

しかし、確実に言えるのは、偏見無しに物事を見るにはいろいろな人の意見を聞くべきだということです。

色々な人の意見を聞く方法として Google の検索を利用してブログを探してみるという方法もあります。

しかし、ブログの情報は必ずしも信用できない場合があります。ブログはどうしてもアフィリエイト収入を目的としがちになってしまいます。ブログを書く方としてはプログラミングスクールに勧誘したいのです。そのため、プログラマの良い面ばかりを抽出して書かれている傾向があるかもしれません。即ち、中立的ではないということです。そしてそういう記事ほど、検索で上位にヒットしやすいということが往々にしてあります。

これに対して Twitter は本当にいろんな人を見ることができます。プログラミングスクールの実体、ソフトウェア開発の現場の生の声を聞くことができます。少なくとも Google の検索結果よりは、より中立的な情報に触れることができるのではないかと思います。

以上から、プログラマに成りたい方には、Twitter をお勧めします。高収入等、背中を押してくれる発言、逆に挫折談等、思いとどまらせる発言の両方を見ることになると思いますが、いずれにしても、ありのままに近い現実に触れることができると思います。

また、Twitter には他にもたくさんのメリットがあることに気が付きました。

  • どのプログラミングスクールが良いのか、学生の作品やモチベーションを見て判断できる。
  • プログラマを目指す人同士が繋がることで、高め合うことができる。
  • 上級者の方から有益なことを教えてもらえることがある。

管理人も元気をもらいました

実は、管理人はツィ廃です。別垢があったのですが、諸事情により廃止しました。そのため Twitter がどういうものであるかは熟知していたのですが、今回 Twitter を始め直したことで、少しだけ Twitter に対する印象が変わりました。

「はじめに」や「プロフィール」を見て頂いた方にはお分かりでしょうが、管理人はプログラミングの実務経験者ですが、ここ最近、挫折続きでした。

プログラミングに挫折したこともありますが、他の分野でも挫折し、更に起業でも挫折しました。死を決意したこともありました。

現在は無職で、「人生行き詰まったな~」と思っていたのですが、Twitter でプログラマを目指す方、フリーランスの方、起業された方を見ていると、元気をもらうことができました。

会社員であれフリーランスであれ社長であれ、何でもいいから「またプログラマをやりたい!」という強い想いが出てきたのです。

Twitter を始めた当初の目的はブログを宣伝することに有りましたが、これは嬉しい誤算でした。

Twitter を再開して本当に良かったと思っています。

副業は?

最後に付け加えておくと、フリーランス、在宅と言った働き方はかなり浸透しているとの認識を持つに至りましたが、副業でプログラマをやることは、やはり非現実的だと思っています。

Twitter でも副業でプログラマをやっている方はあまり見かけませんでした。

当然、クラウドソーシングの話題も見かけません。

今回は以上です。

なお、Twitter の操作方法については別の記事で触れる予定です。


-プログラミング総論

Copyright© 開発方法論萌え , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.