プログラミングと開発方法論と情報セキュリティ(主に初心者向け、言語はC#)、その他、ゲーム、思想等。

開発方法論萌え

C# 基本

C#講義第3回 – Visual Studio で Hello World! を作る

更新日:


今回は Visual Studio で Hello World! アプリケーションを作ってみます。

前々回はメモ帳で Hello World! を作りました。理論上はこの方法であらゆるソフトウェアを開発できるのですが、大きなソフトを作るには非常に不便です。

そこで、統合開発環境(IDE)と呼ばれるソフトを利用します。IDEとはソフトウェア開発を効率化するためのソフトです。

前回は、IDEの Visual Studio をインストールしましたが、今回はこれを使って、画面に文字列を出力する Hello World! アプリケーションを作っていきます。

プロジェクトの作成

まず、スタートボタンをクリックし、「Visual Studio 2019」を選択し、Visual Studio を起動してください。

次のような画面が表示されます。

ここで、「新しいプロジェクトの作成」を選択します。

次のような画面が表示されます。

ここで「すべての言語」となっているコンボボックスで「C#」を選択します。

次のような画面になります。

ここで「コンソール アプリケーション (.NET Core)」 を選択し、次へをクリックします。

次のような画面が表示されます。

プロジェクト名とソリューション名を入力してください。

プロジェクト名は、成果物の実行ファイル名(○○○○.exe)になります。一度決めてしまうと変更は結構面倒なので、慎重に決めてください。

ここでは「Hello」にしています。

作りたいソフトによっては実行ファイルひとつでは完結しない場合があります。複数のプロジェクトをまとめるのがソリューションです。

ここではソリューション名を「Hello」にしています。

入力したら「作成」をクリックしてください。

次の画面が表示されます。これで Program.cs を編集できるようになったわけですが、Program.cs が開かない場合は、画面右側の「ソリューションエクスプローラー」で Program.cs をダブルクリックしてください。

Program.cs の内容を一旦全部削除し、次のコードを打ち込みます。

class Program
{
  static void Main()
  {
    System.Console.WriteLine("Hello World!");
  }
}

次に、再生マークの実行ボタンをクリックします。

次のように表示されたら成功です。何かキーを押して終了してください。

なお、ファイルは再生マークを押した時点で保存されています。特に保存しなくても次回からは Visual Studio を開いたときに、次のような画面が表示され、作業を再開することができます。

次回は、System.Console.WriteLine("Hello World!"); の詳しい意味について見ていきます。


-C#, 基本

Copyright© 開発方法論萌え , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.