プログラミングと開発方法論と情報セキュリティ(主に初心者向け、言語はC#)、その他、ゲーム、思想等。

開発方法論萌え

C# 基本

C#講義第1回 – Hello World! をメモ帳で作る

更新日:


いよいよC#の各論に入ります。

まずはC#で Hello World! を作ってみます。

多くのプログラム言語では、まずは画面に文字列を表示するアプリ(Hello World!)から学習を始めることが多いです。

これはC#でも同じです。

まずは、使うものを最低限に抑えて、メモ帳とコンパイラだけで Hello World! を作ってみます。

コンパイラとは

プログラミング言語は、コンパイラ言語とインタプリタ言語に分かれるのですが、C#はコンパイラ言語に当たります。

コンパイラ言語では、プログラムを直接実行することができません。プログラムを書いたら、まずはそれを入力としてコンパイルと言う操作をする必要があります。

コンパイルはソフトがやってくれるので、プログラマがやることは、プログラムを書いたらコンパイラを起動するためのコマンドを打ち込むだけです。

C#のプログラムの拡張子は「.cs」 です。「.cs」のファイルをコンパイラに入力すると、拡張子が「.exe」の実行ファイルが生成されて、プログラムを実行できるようになります。

(参考:PHP, Ruby, Python 等はインタプリタ言語です。)

特にソフトをインストールする必要は無し

Windows 10 を利用している場合、最初から C# のコンパイラはインストールされています。そのため特にソフトをインストールする必要はありません。

それより前の Windows を利用している場合は、もしかすると、ここで示すプログラムが動作しないかもしれません。その場合、この記事は無視して第2回にお進みください。

まず、スタートボタンをクリックし、「Windows システム ツール」を選択し、「コマンド プロンプト」を起動してください。

もしも見つからない場合は、スタートボタンの右にある「ここに入力して検索」の検索窓に「コマンド プロンプト」と打ち込んでください。

黒い背景に白い文字の画面が起動するはずです。

そこで次のように打ち込みます。

cd C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319

エンターキーを押した際に、「指定されたパスが見つかりません。」と表示された場合は、C#コンパイラがインストールされていない可能性があります。その場合はこの記事を無視して、第2回にお進みください。

次に csc と入力してください。

次のように表示されたら、C#コンパイラが確実にインストールされています。

Microsoft (R) Visual C# Compiler version 4.8.3761.0
for C# 5
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

This compiler is provided as part of the Microsoft (R) .NET Framework, but only supports language versions up to C# 5, which is no longer the latest version. For compilers that support newer versions of the C# programming language, see http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=533240

warning CS2008: ソース ファイルが指定されていません。
error CS1562: ソースのない出力には、/out オプションを指定しなければなりません。

参考のため画像を示しておきます。

もしも表示されない場合は、やっぱりC#コンパイラがインストールされていないので、この記事を無視して、第2回にお進みください。

プログラムを作成する

まず、メモ帳を開いてください。スタートボタンをクリックし、「Windows アクセサリ」を選択してください。その中にあります。

そしてメモ帳で次のように打ち込みます。

class Program
{
  static void Main()
  {
    System.Console.WriteLine("Hello World!");
  }
}

これをドキュメントフォルダ(C:\Users\<ユーザ名>\Documents)に保存してください。

<ユーザ名>の部分には、貴方がコンピュータにログインする際に利用しているユーザ名が入ります。

ここで、保存した後は、メモ帳を閉じましょう。

参考のため画像を示しておきます。

コンパイルする

先に述べましたが、C#のプログラムを実行するには、実行に先立ち、コンパイルする必要があります。

まず、cd コマンドを使って Hello.cs ファイルの保存されているディレクトリに移動します。

cd C:\Users\<ユーザ名>\Documents

これが成功したら次は次のコマンドを打ち込みます。

C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\csc Hello.cs

成功した場合は次のような表示になります。

実行に使うので、このまま「コマンド プロンプト」を開いたままにしておいてください。

エラーが表示された場合は、コマンドや Hello.cs の内容に誤りが無いかを確認してください。

それから、成功した場合は Hello.cs と同じフォルダに Hello.exe が生成されていることを確認してください。

実行する

次のコマンドを打ち込みます。

Hello

これで次のように「Hello World!」と表示されたら成功です。(環境によってはウィルス対策ソフトが動作するかもしれません。)

たったこれだけ?

と、思わないでください。

コンピュータには5大機能と呼ばれるものが存在します。中学の時に習いましたよね?

  • 演算機能
  • 制御機能
  • 記憶機能
  • 入力機能
  • 出力機能

画面に文字列を出力できるということは、出力機能を自在に使いこなせることになるのです。

これはすごいことです。

今回は、メモ帳でC#プログラムを作成し、コンパイラを直接起動しましたが、次回以降はこういうまどろっこしいことはしません。Visual Studio を使います。


管理人が学習に利用した書籍

管理人が学習に利用した書籍を紹介させていただきます。

私がお勧めしたいのは独習C#第3版です。独習C#新版と言うのもありますが、第3版とは異なる著者が書いた本です。

Amazon さん

楽天さん

 

-C#, 基本

Copyright© 開発方法論萌え , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.